オーストラリア大陸1周     Back Next
           
       
               
  旅日記
7/9
ブリスベン

早朝、宿の周りをバイクで散策する。
と、目の前を、日本人の中学生を満載したバスが数台走り抜ける。夏休みを兼ねた修学旅行だそうだ。バブルが弾けたとか騒ぎながら、まだこんなことをやっている。親の金で子供に外国旅行させ、それが一体何になるというのか。オドオドした羊の群れのような子供たちの、その親の顔が見たい。
 
さらに足りないパーツ、装備の買い出しと、ビットの車(NISSANサファリ)に取り付けた衛星電話、レンタカーの電装系チェック。無線装着、スタンレー電気提供の「RAYBRIG」(HIDランプ)装着を佐久間、宮崎が進める。そんな準備の様子を、高間氏がVTRに記録してゆく。
 
夕方になって、装備、機材を積み込んでみる。
スペアータイヤ、各車3本ずつ。予備燃料用ジェリ缶5本、水タンク3箇、キャンプ用具、工具、スペアパーツ、食糧、VTR機材、そして個装‥‥。
何とか2台のサポートカーに収まり、ホッとする。
「北米大陸一周行」の時はサポートカーが1台だけで、すべてに余裕がなさすぎた。
武骨な車と装備を改めて見て、荒ぶる旅の始まりを実感する。


 
 
28
29
30
1
2
3
4
5
6

22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
 
Next