オーストラリア大陸1周     Back Next
           
       
               
  旅日記
7/12
ニンガン→ブロークンヒル(580km)

午前8時出発。
緑の沃野が消え、赤土に灌木の大地が始まる。 いよいよ大陸内部、アウトバックの風景になってきた。

途中、ウィルキャンニア(Wilcannia)の町で昼食。
2年前、白人とアボリジニ(純粋は少ない)の間で争いが起きた町。域内の警察だけでは押さえきれず、応援を呼んでやっと治めたほどの騒ぎだったらしい。こういう情報、日本には少しも伝わってこない。
アボリジニと白人のワルガキがまとわりついてきてうるさい。
町が荒んでいると、子供や犬たちまでもが荒んだ目をしている。この国に来て初めて、ある種の警戒心を抱く。
それにしてもやはり、いくら先住民とはいえ、昼日中から酒を飲んでウダウダしていては駄目だ。だから、「ワン・ネイション」みたいな輩がのさばってくるのだ。

何ともいたたまれない空気の田舎町を後に、無人のアウトバックへ。
カンガルーの轢死体が累々と道に転がっている。まるで、虐殺の後のニュースフィルムだ。


 
 
28
29
30
1
2
3
4
5
6

22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
 
Next