オーストラリア大陸1周 Gear impression     Next
             
       
               
 

オーストラリア大陸一周行では、HONDAドミネーターNX650を使用しました。
なぜドミネーターを選んだのか、ドミネーターの特徴、どこを改造したのか・・・など、ドミネーターの使用報告。

 
 

1.HONDA Dominator NX650
2.ドミネーターの特徴
3.今回は現地購入
4.まさにオールラウンダー
5.整備性も問題なし

文・松井 勉、宮崎雄司

1.HONDA Dominator NX650

5大陸走破の旅の皮切りとなったのが1997年5月から9月に掛けて巡った北米大陸。その時、戸井のパートナーを勤めたバイクは ホンダAfrica Twin だった。
そして、2大陸目のオーストラリアでは、 ホンダDominator NX650(現地購入) がパートナーとして選ばれた。

国土の70%が荒涼たる砂漠の、そのまさに真っ只中を貫くストック・ルートを繋いでのサバイバル・ツーリングとなるオーストラリア。ダート、ガレ場、ブルダストなどラフ&タフルートを行くとあって、今回は車重の若干軽いものを選定した。
レースではないが、しかしガレ場で尻が踊ったり、粉のようなブルダストにスタックする場面が予測できたからだ。

そして期待通り、Dominator NX650は「舗装路でも悪路でもOK!」という大活躍をしてくれた。
900もの砂丘越えが続くキャニング・ストックルートを始めとする、オーストラリアのサバイバル・ツーリングでも、何のトラブルもなく走りきることが出来た。
Dominator NX650は、頼もしいパートナーだったのだ。

             
Next