ユーラシア大陸横断行     Back Next
           
       
               
  旅日記
7/17
モンペリエ手前 → マルセーユ
晴れ

 

昨日スペインからフランスに入り、今日マルセーユに着いた。
フランスは物価が高く、人もどこか小憎らしい。我々には、やはりスペインやポルトガルの方が肌に合う。

昨日あたりから日の出と日没の時間が少しまともになってきた。 少しづつ東に向かっていることを実感する。とは言っても、暗くなるのはまだ9時過ぎ。まだまだ旅は始まったばかりだ。

今、午後8時。外はまだ明るく、港の雑踏が窓の外から聞こえてくる。 これから旧港の賑わいを撮影に出かけ、それからブイヤベースの旨い店でも探して夕食にしよう。パエーリャはスペインのバレンシア地方の百姓の昼食、ブイヤベースはマルセーユの漁師たちの賄い飯が発祥と聞いた。結局、そういう食べ物が我々の腹にはしっくり収まるというわけだ。
さ、マルセーユの雑踏の中へ出かけよう。

世界遺産の教会
ハイシーズンの観光地ではホテル探しも大変
ようやく空き部屋を見つけホッとする戸井
マルセーユ旧港の夜景
マルセーユ旧港の夜景
ライトアップされたノートルダム寺院が独特の存在感を放つ

 
 

走路地図はこちらへ

Photo&Caption
Yuji Miyazaki

7月
 
1

8月
            1

9月
   
 

10月
28
29
30
31

11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
Next