ユーラシア大陸横断行     Back Next
           
       
               
  旅日記
7/29
クロアチア → モンテネグロ入国 → 国境付近の町
晴れ

 

国境を越えてモンテネグロに入った途端、風景が貧しくなった。
土埃とガソリンの臭い、古いベンツやらのオンボロ車、どこからか聞こえてくるイスラムやスラブの音楽、そして羊や山羊料理。もう、半分アジアの空気が充満している。
南ヨーロッパのB級グルメの日々もここまでか・・・・。

しかし人は信じるもの。
宿を探してウロウロしている我々を目ざとく見つけた屈強な男、宿を紹介してくれたり、値段の交渉をしてくれたりとやたら親切。
聞けば自分もバイク乗りで、いくつかのラリーにもエントリーしているという。
しのごの言わずに助けてくれるところが男だね。
バイクで旅したりレースに出たりしている物同士の、阿吽の呼吸というやつである。
本当に、こういう出会いに助けられながらの5大陸行。
宮崎曰く、「こういう幸運が、いつまで続きますかね」

キャンプといえば・・・
モンテネグロ国境にて
走っていれば快適だが、止まっている時の暑さは強烈そのもので思わず顔も歪む
気の良いアニキ
オフロードレースにも参加しているというこのごついアニキも宿探しを手伝ってくれた
お礼にホンダの金ぴかTシャツをプレゼント
気の良いアニキ2
迷っている最中に偶然見つけたホテルとフロントの兄さん
僕らの懐事情を察して安くしてくれた

 

 
 

走路地図はこちらへ

Photo&Caption
Yuji Miyazaki

7月
 
1

8月
            1

9月
   
 

10月
28
29
30
31

11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
Next