ユーラシア大陸横断行     Back Next
           
       
               
  旅日記
8/18
ドゥバヤジット → イラン入国 → マクー
晴れ

 

トルコからイランに入る。
出るのに1時間、入るのに2時間。それだって、メヘディーがいたから出来たことで、彼がいなかったら一体何時間、いや何日かかったことだろう。
ともかくシステムが分からない。 言葉以前の問題なのだ。
しかも、ツーリスト担当みたいな男に仕事やらなにやら訊かれたり(明らかに警察関係者)、全員指紋を採られたりして不愉快極まりない。
しかし怒るわけにもいかず、ただジッと耐えるしかない。

イラン入国
 

一応の手続きが終わってホッとし、入国早々の感想をカメラに向かって喋っていたら、すぐに警察がやって来て、カメラの中を見せろだなんだ言い始める。
我々のことを何処かでで見ていたのだろう。 携帯で我々の人相など問い合わせているとこをみると、先程の、ツーリスト担当のような男からの連絡も受けていたようだ。
ともかく、油断がならず、息苦しい。

出入国に時間がかかり、イランに入れたのが午後2時近く。
予定していたタブリーズまでの300キロはとても無理なので、国境近くの町、マクーで宿を探す。
幸い、全国にあるらしいツーリストインにチエックイン。
一泊35$で、中々清潔な部屋。

お茶
戸井の隣(左から2番目)が、イランの通訳兼コーディネーターのメヘディー・グダーヅィー氏

 

 
 

走路地図はこちらへ

Photo&Caption
Yuji Miyazaki

7月
 
1

8月
            1

9月
   
 

10月
28
29
30
31

11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
Next