ユーラシア大陸横断行     Back Next
           
       
               
  旅日記
8/25
ボジュヌールド→ バジギラン
晴れ

 

3日間で800キロ走り、トルクメニスタンとの国教の村、バジギランへ。
また、砂と岩山の世界が広がってきた。行く手を阻むように立ちはだかる岩の山塊の向こうは中央アジアの国々。

国境の村の安宿で、隠し持った最後のビールでメヘディと別れの宴。この先に進みたい気持ちと、メヘディーと別れたくない気持ちがない混ざる。
「イランが、本当のイラン人の良さが生きるような国になることを願っているよ」と言うと、「必ずその日は来ます。少し時間はかかるかもしれないけど」とメヘディーは応えた。

イランでの9日間は実に面白かったが(いろんな意味で・・・)、もしかすると、この男と旅できたのが一番の収穫だったかもしれない。
彼へのインタビューは、後日映像で見て下さい。

 

   
標識
 

 

 
 

走路地図はこちらへ

Photo&Caption
Yuji Miyazaki

7月
 
1

8月
            1

9月
   
 

10月
28
29
30
31

11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
Next