ユーラシア大陸横断行     Back Next
           
       
               
  旅日記
9/14
カシュガル → ヤルカンド
晴れ

 

カシュガルを後に、旧西域南道を東に向かう。
23年前にも走ったルートだが、道は高速道路になっていたりして、何もかもが様変わりしてしまった。
しかし、勿論3輪オートやロバ車でノンビリ進むウイグルの社会も厳然とあるわけで、前近代の只中に近代を飛び越した現代が乱入してきて大混乱といった様相を呈している。

ヤルカンドまでの190km。
途中、交通警察の検問が3カ所。しかし1度も止められず。
「もし止められても、アイ アム ジャパニーズ。 ノー イングリッシュ ノー イングリッシュ」で押し通せとは趙のアドバイス。
奴らも何が何だか訳が分からないから通してくれるとのこと。


今日は国営のホテルだが、スタッフのやる気のなさに趙が怒る。
「ここは共産党の幹部だけを相手にしていて、客が来なくても国が金を出してくれるから一般のお客に対する態度が凄く悪い。こんな所、誰も来なくなりますよ」。
トルクメニスタンでの、体裁だけやたら大仰で中身のお粗末極まりないホテルの群れを思い出した。

ウィグルの人たちが集う屋台村で夕食をいただく
モツの串焼きはどれも柔らかく美味だが煙いのなんの・・・

 

 
 

走路地図はこちらへ

Photo&Caption
Yuji Miyazaki

7月
 
1

8月
            1

9月
   
 

10月
28
29
30
31

11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
Next