ユーラシア大陸横断行     Back Next
           
       
               
  旅日記
10/19
ネルチンスク → モゴチャ
晴れ

 

朝、零下6度。空気中の水分が凍ってキラキラ光りながら舞っている。俗に言う、「ダイアモンドダスト」である。
わー、綺麗!なんぞと言っている場合でない私達は、アンドレのおんぼろ日産トラックにバイクを積んで出発。

アンドレとトラックに積まれたアフリカツイン アンドレ

500キロ以上北上することを考えると無理はできないと判断し、トラックでの輸送。

ドライバーのアンドレ。元兵士でもの静かだが、実はかなりのインテリでもあるのだ。

 

昨日の吹雪が嘘のような快晴だが、温度が低いから氷は少しも溶けておらず、バイクではとても抜けられない箇所が至る所にある。 昨日、無理して前に進まなくて本当に良かった。あの、BMWのカップルはどうするのだろう。いかな旅の達人でも、ここをバイクで突破するのは無理な話。どんな手段であれ、この1800キロほどを無事に越え、ウラジオストックで再会できるといいのだが・・・。今の私には、彼らの健闘と無事を祈るしかできない。

シベリア鉄道の駅前の町、モゴチャに着いたのが、日没の午後7時。
寒くて暗い町で、宿は駅舎の上にしかない。
薄井と2人部屋で、一泊20ドル。アンドレは、ごろ寝のドミトリー。ロシア人の旅人と一緒の方が気が楽なのだろう。

モゴチャ駅
シベリア鉄道モゴチャ駅の夜景。右端の白い建物が僕らの泊まった駅舎兼ホテル。
たまにはこんなシチュエーションもいいもの。

 

 

 
 

走路地図はこちらへ

Photo&Caption
Yuji Miyazaki

7月
 
1

8月
            1

9月
   
 

10月
28
29
30
31

11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 
Next