南米大陸1周     Back Next
           
       
               
  旅日記
5/21

コニャリペ→アルゼンチン入国→
サン・マルティン・デ・ロス・アンデス(120km、途中フェリーで湖を渡る)

 午前8時半に出発。陽の出が日、一日と遅くなる。
 60kmのダートを走って、フェリーボートの乗場、プエルト・フイへ。

 フェリー乗場に一番乗りで到着。
 12時半に出発した船は、左右から雪化粧した山の迫ってくる細長い湖を滑るように渡ってゆく。
  アルゼンチンへ遊びに行くというチリの家族、やたらと明るく、賑やか。ブドウからつくった蒸留酒、ピスコを飲め飲めとすすめてくる。
  陽気なチリ人のお陰で、多少塞ぎがちだった気分が少し軽くなる。この先も、ま、なんとかなるだろう。
 1時間半で対岸へ。


フェリーで湖を渡る

 午後四時、アルゼンチンに入国して走り始める。
  国境自体は標高600mほどだったが、今はすでに1000mを越したと車からの無線。話が違うじゃないかと思いながら、スタンディングでソロソロ進む。
  昨夜、タイヤを変えておかなかったら、この道は無理だったろう。スロットルを開けてもブレーキを使ってもタイヤが滑る。ここでコケたら終わりだ。緊張の50km。
 あたりはすでに真っ暗。一面の雪が仄白く浮き上がっている。これ以上、この状態が続いたらまずいと思っていたら、唐突に普通の道に出た。

 舗装路を下って、サン・マルティン・デ・ロス・アンデスの町へ。

 雪嵐の狭間を縫って、なんとかアルゼンチンに入れた。これから、アンデスの東側の原野を2000kmほど南へ下ることになる。

 
 

全走路地図はこちらへ
旅チャンネル・南米サイト

Photos by Y. Miyazaki

24
25
26
27


22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
 
Next