南米大陸1周     Back Next
           
       
               
  旅日記
5/23
エスケル
→ペリト・モレノ(550km)

 どこまでも一直線の道。地平線の遥か彼方の空だけが青く抜けている。そこまで行けば晴れているのだが、走れど走れど辿り着かない。結局、1時間近く走ってやっと太陽が顔を出す。
 綿を千切ったような幾万の雲。高い所にある雲は偏西風(ジェットストリーム)のせいで糸を引いたように流れている。


擦れ違い様に挨拶を交わすこともバイクでの旅の楽しみ

 午後6時、パタゴニアの日没。
  西の地平線に太陽が沈むと同時に東から銀色の月が昇ってくる。地平線のあたりを染めるピンク色が見る間に広がり、やがて空全体がピンク色に燃えて雲が金色に輝き始める。 何度体験してもパタゴニアの夕焼けは凄絶だ。
  見はるだし限り無人の、音も匂いもない世界の只中で呆けるように空を見続ける。冬のパタゴニアは死の世界だ。生命の温もりの欠片もない。そして、凍るように美しい。


パタゴニアの夕焼け

 
 

全走路地図はこちらへ
旅チャンネル・南米サイト

Photos by Y. Miyazaki

24
25
26
27


22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
 
Next