南米大陸1周     Back Next
           
       
               
  旅日記
5/28
エル・カラファテ→
コマンダンテ・ルイス・ピエドラブエナ(470km)

 午前10時積み込み。路面の凍結が溶けるのを待って11時出発。
 結局、アルゼンチン側の最南端の町、リオ・ガジェーゴスの近くまで260kmを南下。そこを、この旅最南端地点と決めて折り返す。マゼラン海峡は目と鼻の先なのに、残念だ。トラック・ドライバーたちも、この先はもうやめろと口を揃えて言う。
 途中、標高が1000mまで上がって、あたり一面雪と氷の世界になった。氷を砕いたトラックの轍の跡を踏んでゾロゾロと進む。
 一面に粉砂糖をまぶしたような360°の原野。透明で美しいパノラマだが、風は切るように冷たい。
 人間を拒絶するパタゴニアの冬から逃げるように走り続ける。


雪中撮影 「風と氷」のパタゴニア地域の冬は厳しい

 午後七時。暗くなっても町らしい町はなく、ガソリンスタンド脇のモーテルに転がり込む。

 どうにかアンデスを越えてチリからアルゼンチンに入り、今また、どうにか雪と氷から逃れて大西洋側に出ることができた。運が悪いんだかいいんだか分からない。
 ともかく、これから北上を始めれば、日、1日と状況は良くなっていくはずだ。少なくとも、昨日よりは今日の方がマシだ──そう考えて、1日、1日前に進むしかない。
 悲観主義者には、こういう旅はできないだろう。

 少しホッとし、ワインの酔いも手伝って爆睡。

 
 

全走路地図はこちらへ
旅チャンネル・南米サイト

Photos by Y. Miyazaki

24
25
26
27


22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
 
Next