南米大陸1周     Back Next
           
       
               
  旅日記
6/2

カルメン・デ・パタゴネス→
オラバリーア(530km)

 広大な牧場の間に、玉ネギやイモをつくる畑が現れ始めた。どこまで走っても尽きない、単調な風景。
  人影なし。 しまいには歌う歌もなくなる。
  アルゼンチンのパンパは平坦で、そして果てしなく広い。しまいには、止まっているのか進んでいるのかも曖昧になる。


牧草地帯をひた走る


晩秋

 
 

全走路地図はこちらへ
旅チャンネル・南米サイト

Photos by Y. Miyazaki

24
25
26
27


22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
 
Next