南米大陸1周     Back Next
           
       
               
  旅日記
6/9
ブエノス・アイレス→
フェデラシオン(500km)

 六本木と別れて出発しようとしていたら、ホテルのフロントのおっさんが飛んできた。手にしていた新聞を私に渡し、「これを持っていけ」と言う。
  新聞は、どれも1面から昨夜の試合一色。こんな時にここに居たことを忘れないように、今日の新聞を記念に持ってゆけとおっさんは言うのだった。
  そして、「いい旅を」とひと言。
  いいな、こういう大人たちは。

 ブエノスの雑踏から離れて大河ラプラタに沿って北上。やがて、道はラプラタの支流、ウルグアイ川と共に北に延びてゆく。

 途中の食堂で休んでいると、ブラジルの方から来たトラックドライバーが、「クレスポの名前を言うなよ」と半分冗談混じりに言う。
  クレスポは、昨夜の試合で一点取ったアルゼンチン選手だ。サッカーが暮らしの中に根づいている。そして、ブラジル国境は近い。
 北上している14号線はアルゼンチンとブラジルを結ぶ幹線道路。巨大なトラックたちが両国を結んでコンボイのように走っている。しばらくは、トラックたちの間を縫っての走りが続くだろう。

 街道筋の、ガソリンスタンド脇のモーテル、2人部屋1泊18$。隣接する食堂の焼肉が旨く、モーテルを経営している母娘は妙に色っぽい。
 蚊が飛び始め、草むらからは虫の声。だんだんとブラジルが近づいていることを肌で感じる。


フェデラシオンの宿

 
 

全走路地図はこちらへ
旅チャンネル・南米サイト

Photos by Y. Miyazaki

24
25
26
27


22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
 
Next