南米大陸1周     Back Next
           
       
               
  旅日記
6/20
サン・フランシスコ・デ・ゴイアス
→カンポ・ヴェルジ(150km)

 昼を過ぎると猛烈に暑くなる。温度は31℃ほどだが、湿度が高いから汗がしたたり落ちて目にまで入ってくる。雪と氷のパタゴニアは遙か後方6000km。すぐ目の前に赤道が迫ってきている。

 道から外れ、赤土のダートロードを60km走ってカンポ・ヴェルジの町へ。ここは14年前にも立ち寄った所で、エメラルドのガリンポ(鉱山)によって栄えた町。
 カンポ・ヴェルジとは、ポルトガル語で「緑の原」を意味するが、その名の通り、深い緑の原の中に忽然と現れたブームタウンである。
 しかし、残念ながら14年前の面影はなく、町は閑散としていて、エメラルドを掘っている井戸も数えるほどしかなくなっていた。
 しかし、それでもまだ、この地に夢を託し、人生を賭けて穴の中に潜る男たちもいる。そんな男たちを取材し、ゴーストタウン化した鉱山跡を撮影してから、町で唯一のホテル「ホテル・カンポ・ヴェルジ」へ。


エメラルド掘りの親方

 エメラルドが人を呼び寄せた「緑の原」は、今は「強者共が夢の跡」になっていた。
 時の流れを感じること−−これもまた旅である。

 
 

全走路地図はこちらへ
旅チャンネル・南米サイト

Photos by Y. Miyazaki

24
25
26
27


22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
 
Next