南米大陸1周     Back Next
           
       
               
  旅日記
7/1
オイアポケ

 ホセと安田が国境の川を渡り、フレンチギアナ側の実状を調べにゆく。で、帰ってきた彼らの話によれば、やはり保険に入らねばギアナ国内を走ることはできず、しかもそれは国境では掛けられず、首都のカイエンヌの保険会社まで行かねばならないという。何という不合理、何というナンセンスなシステム。まるで、入国しないでくれと言わんばかりだ。しかも、今日は金曜。土、日は保険会社も休みというから、動けるのは3日後になる。
 こんな町に、3日も釘づけになるなんて・・・。

 3国を通過することを諦めて、マカパまで戻って船でマナウスまで遡ることも考えたが、アマゾンを遡る船はベレンからしかないという。
 パタゴニアのエル・カラファテで迷った時のことを思い出す。南米大陸の最南端で自然に行く手を阻まれ、今、その最北端で、また行く手を阻まれようとしている。で、結局、予定通りのコースで旅を続けることに決める。
  月曜になったらホセが越境して首都のカイエンヌまで行き、保険に入って戻ってきて私たちと合流。うまくいけば月曜に入国し、間に合わなかったら火曜に入国する。国境から首都のカイエンヌまでは車で2時間ほどらしいから、不可能なことではない。ともかく、ホセはやってみると言う。そう、やるしかないのだ。こういう時は、グズグズ考えているより前に歩き出しているホセのような男が頼りだ。


カフェで談笑する人々

 
 

全走路地図はこちらへ
旅チャンネル・南米サイト

Photos by Y. Miyazaki

24
25
26
27


22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
 
Next