南米大陸1周     Back Next
           
       
               
  旅日記
7/6
オイアポケ→カイエンヌ(190km)

 午前8時、ブラジル側の通関をすませ、9時にフェリーに乗る。オイアポケ川を斜めに下り、およそ30分で対岸へ。船から見る限り、仏領ギアナは小綺麗に整理された感じ。しかし、活気がない。
  フェリーの船長のお陰で手続きはスムーズに進み、1時間足らずで入国。

 港のカフェで船長とジュースを飲む。あちこちで交わされるのはフランス語。通貨はユーロ。ここはどう見ても南米じゃない。
 フランスは、どうしてこんな所を植民地にしておきたいのだろう。カリブと中南米を押さえる拠点が欲しいのか。産業らしい産業もなさそうだし・・・。ともかく、変な所だ。船長と別れて走り出す。

 左右から迫る深いジャングルを分けて細い道がうねうねと延びてゆく。いくら走っても、人家も店も集落もない。人の気配すらない。生命を感じるのは群れて飛ぶ黄色い蝶たちくらいだ。同じ所をぐるぐる回されているような感じ。


カイエンヌ広場の夕景

 カイエンヌは、特に見るべきものもないちっぽけな町。1国の(じゃない、植民地)の首都とはとても思えない。洋服屋もスーパーも雑貨屋も中国人の店ばかりで、行き交うのは黒人ばかり。まるでアフリカの国の中華街にいるようだ。

 宿に帰ってラジオを点けると、流れるのはシャンソンや、マルティニークあたりのフレンチカリビアンばかり。シャディーなんかも流れたりして変な感じ。
  サンバもサルサもクンビアも聞けない南米なんて、信じられない。

 クーラー全開で寝る。目の具合、相変わらず良くない。気持ち落ち込む。

 
 

全走路地図はこちらへ
旅チャンネル・南米サイト

Photos by Y. Miyazaki

24
25
26
27


22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
 
Next