南米大陸1周     Back Next
           
       
               
  旅日記
7/7
カイエンヌ→クールー(170km)

 朝、宿のロビーのテレビでロンドンでの同時多発テロを知る。旅することに追われてしばらく忘れていたが、世界は何も変わっちゃいないことを思い出す。

 何やかやの雑用を片づけている内に時間が経ち、カイエンヌを後にしたのが午後3時。
  スコールの黒雲に追われるように1時間走り、海辺の町、クールーへ。 この沖合いに、フランスで犯罪を犯した人間を収監する監獄島があり、今は、ある種の遺跡のようになっている。ここを取材、撮影するつもりで来たのだが、何故か数年前から入島できなくなっていることを知る。


映画『パピヨン』の舞台となった監獄島

 仕方なく、海辺のホテルに部屋をとる。大きなホテルなのに働いている人間が少ない。フロントにおばさんが一人いて、ベルボーイもいない。大きなレストランで働くウェイトレスも一人だけ。しかも彼女、仕事が終わると4、500万はするアメ車のピックアップで帰っていった。
  「彼女、どうやってあの車を手に入れたんだ?」と首を傾げるホセ。

 ホント、不思議な所だ。一つの仕事にも沢山の人間が群がるのが第三世界の常識だが、ここではなるべく人が働かないようにしているかに見える。

 
 

全走路地図はこちらへ
旅チャンネル・南米サイト

Photos by Y. Miyazaki

24
25
26
27


22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
 
Next