南米大陸1周     Back Next
           
       
               
  旅日記

7/10

パラマリボ→
ニュー・ニッケリー(230km)

 午前中、ホテルの主人の案内でパラマリボの世界遺産地区を散策。18世紀頃からの、古い建物が整備されて並んでいる。
 その後、主人に連れられてインドネシアマーケットへ。途中の道端には中国人、アフリカ系黒人、ブラジル人、カリブ系混血人(クレオール)たちがごちゃ混ぜになったマーケットがあって活気に満ちている。スリナムは実に多彩な人種と文化の国だ。段々、スリナムというちっぽけな国のことが好きになってきた。

 主人と別れ、午前11時にパラマリボを出発。
 道の状態は良好。但し、狭い道を吹っ飛ばす危ない車が多い。こんな所で事故られてたまるかと、緊張を自分に課して走る。

 途中からジャングルが消え、緑の水田が広がった。水牛と白いサギの群。カサを被ったアジア系の農民・・・。まるで東南アジアの田舎のような風景だ。


田園風景

 午後4時。国境の町、ニュー・ニッケリー着。
 19世紀末から20世紀初頭に建てられた木造の家が並ぶ町で静かだ。

 
 

全走路地図はこちらへ
旅チャンネル・南米サイト

Photos by Y. Miyazaki

24
25
26
27


22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
 
Next