南米大陸1周     Back Next
           
       
               
  旅日記

7/11

ニュー・ニッケリー
→ジョージタウン手前(220km)

 今日もまた、国境の川を越えて新しい国へ入らねばならない。
 フェリーのチケットを買い、イミグレ、税関の手続きを終えて乗船。これまた泥色の川を20分ほどかけて渡って、ガイアナへ。

 正午すぎ、ガイアナに入国して走り始める。道の両脇に19世紀末から20世紀初頭にかけての古い家並が延々と続き、人と動物が陽炎の中を動きまわっている。その密度たるや、仏領ギアナは勿論、スリナムの比でもない。
 インド人、インドネシア人、マレーシア人、中国人、そしてアフリカ系の黒人・・・。白人はまったくいなくなった。道を横切る牛、ヤギ、ロバ、豚、犬、鶏・・・。ここには、あらゆるものに境がない。すべてが陽の下にぶちまけられてごった煮のようになっている。

 と、首に何かが激突して激痛が走った。手で叩き落とすと大きなハチ。あまりの痛さにバイクから下りると、ホセが車から走ってきて道端の草を擦り塗ってくれた。虫刺されに効くという。しかし、激痛は治まらず、熱をもって首が赤く腫れてきた。


蜂に刺される!

 途中、また川を渡るためにフェリーに乗る。気がつくと、アジア系が少なくなって黒人ばかり。首都に近づくにつれ、どんどんアフロの世界になってゆく。

 フェリーから下りてさらに100km走り、首都ジョージタウンの少し手前の宿へ。町中は危ないと誰もが言うので、そうしたのだ。
 長くて疲れた一日だった。

 
 

全走路地図はこちらへ
旅チャンネル・南米サイト

Photos by Y. Miyazaki

24
25
26
27


22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
 
Next