南米大陸1周     Back Next
           
       
               
  旅日記

7/20

マナウス

 宮崎、アキラは車のパーツやバイクのタイヤを捜して町へ。

 未知の3国を抜けて気が抜けたせいか、脱力感が強く、何もやる気がしない。
  長旅の途中では、必ず何度かこういうダレ気分になるものだ。移動の日々がマンネリ化し、何を見ても、何と出会ってもときめかなくなったりする。多分、疲れのせいもあるのだろう。こういう時はジタバタせず、気が充実してくるのを待つのがいい。
 マナウスからポルト・ベーリョまでは、ハンモック船で4日かかる。船の上では何もできないから、丁度いい休養になるかも。


タフで頼もしい二枚目、ホセ・マヌエル・セグニーニ

 夜、皆で食事していたら、ホセが私の首を指差し、「それ、いつ何処で刺された?」と訊く。
  手で触ると、首の右側に小さなおできのようなものが。もしかすると、ハエに卵を産みつけられたかもしれないとホセが言う。自分も経験があるが、放っておくと皮膚の中でサナギがフ化し、赤く膨れてくるという。

 気持ち悪いが、しばらく観察することにする。
 どんなに小さくても、自分の体の中に別の生きものがいるというのは、あまり気分のいいものではないが、これも経験。
  イザとなったら、ホセが切開するという。

 
 

全走路地図はこちらへ
旅チャンネル・南米サイト

Photos by Y. Miyazaki

24
25
26
27


22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
 
Next