南米大陸1周     Back Next
           
       
               
  旅日記

8/5

コルンバ→
エル・カルメン(110km)

 コルンバの町でキャンプ用のガス、水、食料等を買い込む。ボリビアへ入国してサンタ・クルスまでの650kmは、14年前の旅で最も難儀したルート。

 ブラジルを出国し、10時にボリビアへ入る。ここで20年前からの知り合い、島袋さんと合流し、アキラと別れる。
  ブラジルは巨大だから、アキラとは全行程の半分、およそ2ヵ月間浸食を共にしたことになる。


2ヵ月間、寝食を共にした、大田黒ロナウド明との別れ

 島袋さんが手配してくれていた、ボリビア空軍(!)のセスナでパンタナルの上を飛ぶ。しかし、野焼きの煙で、視界が悪かったと、薄井。島袋さんは、ボリビア空軍も動かすナゾの日本人である。

 ボリビア側の町、プエルト・スアレスを出発して西へ。100kmほど快調に飛ばし、日没前にエル・カルメンの集落へ入る。
  と、町長やら何やらが集まってきて歓待してくれる。どうやら、ここでも島袋さんの威光が力を発揮しているようだ。私と10才違うオヤジだが、沖縄から移住してきて自分の世界をしっかり築いている。少年のようでもあり、世慣れた政治家のようでもある。正体不明の人物である。しかし、そんな島袋さんが私は好きだ。

 明日はボリビアの独立記念日で、今日は、その前夜祭。闇の中を進む、子供たちが手にした灯りが幻想的だ。


幻想的な祭

 
 

全走路地図はこちらへ
旅チャンネル・南米サイト

Photos by Y. Miyazaki

24
25
26
27


22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
 
Next