南米大陸1周     Back Next
           
       
               
  旅日記

8/14

チモーレ→
コチャバンバ(220km)

 一気に3500mまで上り、次には1000m下って標高2500mのコチャバンバへ。

 コチャバンバのレストランで昼食をとって出発しようとしたら、民族衣装を着てうろうろしている人々を薄井が発見。聞けば、隣町で大きな祭があるという。早速予定を変更して、コチャバンバに泊まることにする。

 予想以上に大きな祭らしく、メインルートは遮断され、無数の出店の間に沢山の人々が溢れている。
 各々特徴のあるチームが狭い街路を歌い踊りながら練り歩くのだが、そこに辿り着くまでが大変。激しく動くと少し息が苦しくなる。 そう、ここは標高2500m。

標高2500メートルの町で踊り狂う

 演奏し、歌い踊りながら練り歩く人々のエネルギーに圧倒される。
  いわゆるアンデスらしい、フォルクローレのグループ。フォルクローレよりもっとプリミティブなアウトクトナのグループ。スペイン統括時代の牧場主や農園主たちの踊りのグループ。そして、「ディアブラーダ」と呼ばれる、不気味にして華麗な仮面のグループ・・・。

 感情を表に表さず、どちらかというとネクラなボリビア人のイメージがくつがえされた夜。

「ウルクピーニャ」の宴はまだまだ終わらない

 
 

全走路地図はこちらへ
旅チャンネル・南米サイト

Photos by Y. Miyazaki

24
25
26
27


22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
 
Next